2016年新卒採用をスタートしました!

2014年12月4日(木)
来年1月から会社説明会も東京・大阪で開催します。

本当に久しぶりの書き込みで恐縮です(汗)
2016年新卒の会社説明会を行う事になったので、告知させて頂きます。

ちなみに、アメリカからは無事に帰ってきました(再汗)
それどころか、今年の夏もマレー半島縦断をバイクでやっちゃいました。
この旅の様子もおいおい掲載しますね。

さて、ランニング事業、バスケ事業の好調により、2015年に引き続き2016年の新卒採用を行います。
弊社はあまり社員を増やさずがっつり育て、いち早く重要な仕事をさせるという方針なので、
これまで新卒は2年に一回のペースでしか採用を行ってこなかったのです。

下記日程・会場で会社説明会を行います。
小人数なので、たくさん質問タイムもとれると思います。
スポーツビジネスに興味がある大学生お待ちしています!
(1年生、2年生も歓迎です!)

採用概要ページ
http://www.sportsone.jp/co/recruit/2016_new.html

2015年1月8日(木)  19:30~21:00 ㈱スポーツワン本社
2015年1月22日(木) 13:00~15:00 東京体育館第3会議室
2015年1月27日(火) 17:00~19:00 ㈱スポーツワン大阪支社

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

「はじめる,つづける,つながる」SPORTSONEプレス発表会

2014年8月29日(木)
9/4(木)にSPORTSONEプレス発表会を開催します!

9/4(木)に、「はじめる、つづける、つながる」SPORTSONEプレス発表会と題して、プレス発表会を開催します。

約1年をかけてスポーツワンが生み出せる価値を徹底的に考え抜き、ロゴ、ブランドコンセプト、ブランドステートメントを根本から見直し、再構築・再定義しました。
これに伴い、ウェブサイト、スマホサイト、さらには革新的な新機能を加えてリニューアルいたします。

今回の発表会では、これら再定義しましたスポーツワンの考え方、新サービス、新機能、ビジョンについてメディアやスポーツ業界関係者の方々にご説明する機会を設けさせていただきます。

すでに、一部のメディア、関係各所にはインビテーションをお送りしていますが、ご来場希望の方は、スポーツワンプレス発表会担当までご連絡下さい。

---------------
スポーツワンプレス発表会担当
Tel 03-5431-5571
Mail utsumi@sportsone.co.jp
---------------

~SPORTSONEプレス発表会概要~
■日時:2014年9月4日(木) 16:00~17:00(15:30~受付開始)
■会場:東京都内 発表会会場 ※お申込みいただいた方に招待状をお送りします
■登壇者:株式会社スポーツワン 代表取締役社長 武田利也
エイトブランディングデザイン代表 西澤明洋氏
■プログラム:【第1部】「SPORTSONE」プレス発表会(16:00~16:50)
登壇者:株式会社スポーツワン 代表取締役社長 武田利也
     エイトブランディングデザイン代表 西澤明洋氏
【第2部】トークショー&懇親会(17:00~18:00)
     登壇者:マラソンランナー 谷川真理氏、西澤明洋氏、武田利也

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アメリカ大陸横断6日目 セドナ&アルバカーキ!

2013年8月15日(木)
セドナ~アルバカーキへ移動

ホテルのスパに朝一で入り、パワーチャージ。
料金は宿泊者なのでタダ。
マッサージは時間が無くてできなかったけど意外と高くて120ドル~だった。
この辺は東南アジアとはさすがに違うね。

↑セドナのホテルのロビー。なかなかおしゃれ。

その後、ホテルのコンセルジュに一番のビューポイントはどこかと聞き、
「それならセドナ空港の近くが最高!」と言われ、セドナ空港に向けて出発!

ホテルからすぐ近くのクネクネとしたワインディングロードを登ると、赤茶色の岩が左右に見えてきた。
セドナ空港と表示がある手前に無料の駐車場があった。

ここに停めて、道の反対側のビューポイントに行く。
すると、景色は180度赤茶色の岩山!
なかなかのパノラマビューで壮観!
イメージはグランドキャニオンの1000万年後といった趣。
もっと岩が浸食されて、巨大な岩山だけ残った感じだ。

↑セドナの景色。赤茶色の岩が歴史を感じさせる。

そこから、アルバカーキに行く途中、渓流で泳いでる人たちを発見。
これは行くしかない!
そこは、スライドロックステイトパークという公園で、バイクは10ドルの駐車料金。(ちなみに車は20ドル)
小学生とか中学生くらいの子供をつれた親子が多い場所で、きれい水の渓流があって、
みんな泳いだりして遊んでいる。
水はそうとう冷たい!!
4m、8m、12mの高さの渓流へ飛込む場所があって、俺も4mは跳んだ。
でも12mは次回の楽しみにとっておいた…
12mはかなーり高いよ…

↑セドナの渓流に飛び込む!

ひと泳ぎして、そこから600km走行。
途中3回の給油が必要だが、3回目の給油が11時近くになってしまって、
やっとみつけたガソリンスタンドのキャッシャーが閉まって、
もうクローズだよと入れられず(ヤバい!)
給油サインが出たまま走り続け、ようやくガソリンスタンドを見つけ、
キャッシャーのおねーさんが、「さんきゅー」と言ったのを聞いて、ぽっちゃりした天使に見えた。

4番目の州ニューメキシコ州アルバカーキのモーテルにつき、せっかくなのでダウンタウンへ繰り出す。
(ちなみにここで泊まったのはモーテルチェーンのエコノロッジ。ツインで1万円くらい)

↑ニューメキシコへ

そいえば、アルバカーキと言えばマイクロソフト社が創業した場所だ。
こんな田舎町から世界的な大企業が出来るって、アメリカはなんだかスゴイ!
思ったより街はデカくて、22時くらいなのにダウンタウンは人も多い。
飯屋はサンドウィッチ屋さんしかあいておず、そこで腹を満たし、バーへ。
なんだか、中年のひとばっかりいるバーで、こういう店もあるんだおカルチャーショックを受けつつ、
帰ろうとすると、バイクと写真撮りたいと、若い女の子が、強引にバイクにまたがってきた。
アメリカ人はホント陽気だ…

See you!!

8/15(木)セドナ→アルバカーキ 612.3km(総走行距離2024.8km/6,000km)

↑さそり入りの飴

スライドロックステイトパーク

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アメリカ大陸横断5日目 グランドキャニオン!

2013年8月14日(水)
ウイリアムズ~グランドキャニオン~セドナへ移動

朝9時に起き、朝飯を食べようと思ったら、モーテルのブレックファストタイムは終わってて
綺麗に片づけられていた。
しかたないので、チェックアウトして、ガソスタに向かう。
(ちなみに泊まったのは”The Grand Motel”というモーテル。ツインで1万円くらいだった。
ベッドはデカくてふわふわだが、歴史を感じる外観で古くて狭かった。寝るだけならありかな)

↑The Grand Motel。木造りでまさに西部の雰囲気。

ガソスタの壁には大きく”Route66”のロゴが書かれていて、
たまにその前で記念写真を取っている人がいる。
俺たちもその目の前にバイクを停め、記念撮影!

↑ウイリアムズはルート66の街なので、ところどころにロゴが。

すると、隣にバイクを停めてた赤いバンダナを巻いたイカツいバイカーが近寄ってきた。
サングラスに豪快なひげを蓄えてて、いかにも西部のタフガイといった感じ。

『かっこいいヘルメットだな。どこで買ったんだ?』
ちょっとビビりながら俺『東京だよ。俺たち東京から来たんだ。LAからNYまでバイクで行くんだ』
『うお!本当かよ?すげーな!』
ガソリンスタンドにいると、良く話しかけされるのだが、大体こういう反応。
アメリカ人でも大陸横断する奴はそういないらしい。
このイカツイ奴はラズロという名でカナダ人のミュージシャンとのこと。
ベガス在住で、付近の州をよくツーリングをしてるらしい。
しきりにツーリングするならユタ州が最高だと勧めていた。

ガソリン満タン、腹も満たされ、64号を北上してグランドキャニオンへ向かう。
標高が高くなってきたせいか少し涼しい。緑が増え、牧場がちらほらあるのどかな景気を走る。
すると、電車の駅やら観光バスが何台も停まっている場所まで来た。
ベガスから500km走ってたどり着きました!
グランドキャニオン!
想像してたのは何百キロも深い谷があるのかと思ったら、深い谷が見える場所は10㎞くらいのゾーンでびっくり。
意外と狭いのね…
しかし、やはり壮大!
高さ500mはあろうかという大昔からの地層が幾重にも見える茶褐色の谷が続いている。
コロラド川が何百万年もかけて侵食してできたらしい。

↑グランドキャニオン!

ふと見ると、
明らかに立ち入り禁止区域の断崖絶壁に突き出た岩の先端に座ってるおっさんがいる。
観ているだけで怖い…
そして誰も注意しないのがやっぱアメリカだね。
こういうのは日本だったら絶対激しく注意されるけど、ここでは自己責任だから注意する奴はいないんだよね。
死んでも自分が悪いってわけ。
(グランドキャニオンの断崖は平均の深さ約1200m、長さ446km、幅6km~29kmに及ぶ。最深地点は1800m。wikipediaより)

その後、64号を戻りセドナに向かう。
途中”鹿注意”の看板がかなり立っている。
それだけ野生動物が多いのだろう。

↑鹿注意の看板

森を抜け、17号に入ったあたりで赤いバンダナのバイカーが前を走っている。
(ノーヘルOKなので、けっこうノーヘルが多い)
ラズロだ!
親指を立て挨拶すると、『オー!フレンズ!』みたいな事を叫んでる。
100㎞くらいで走ってるので、正確にはわからないけど。
そこから、軽井沢のような景色を抜ける間、ラズロ、ラズロの友人、俺、クラッチでつるんでツーリング。

そして、18時くらいにセドナ到着。
泊まったのは、”Los Abrigados resort & spa”というリゾートホテル。
ツインで14,000円くらい。
このホテルは、部屋数も多く、おしゃれで綺麗だった。
そして、部屋は1LDKでキッチン・冷蔵庫つき。
15畳のリビングと12畳のベッドルームとかなり広い。
基本、観光地ではちょっといいホテルに泊まり、それ以外は安いモーテルに泊まる方針。
ホテルはあらかじめネットで予約して(といっても前日くらい)、モーテルは行き当たりばったりで探した。

セドナは、田舎のリゾートで白人の家族連れが多い。
逆にカップルはほとんどいない。日本では間違ったイメージが先行してるっぽい。
おそらく、近辺の人が家族で来るキャンプ地といった感じ。
夕飯は1㎞ほど歩いて町まで行きアメリカアカシカのステーキを食べた。
脂身はないが、臭みもなく意外と美味い!

その後、飲みに行こうと思ったが、町が終わるのが早い!
仕方ないのでホテルに帰ると、ホテルのバーはまだやっていた。
ビリヤードやりながらビール!
うーんアメリカっぽい!

See you!!

8/14(水)ウイリアムズ→グランドキャニオン→セドナ 350.3km(総走行距離1412.5km/6,000km)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アメリカ大陸横断4日目 ルート66

2013年8月13日(火)
ラスベガス~ウイリアムズへ移動

昨日の深酒で、11時に起きる。
しかーし、チェックアウトしたいのに、頼んだ洗濯物がこない!
ラッシュサービス(急ぎのクリーニング)で16ドルプラスしたのに!
電話すると、そんなの聞いてない。ラッシュサービスにしなきゃダメよ。と言われる。
ベラージオのような高級ホテルでもこの酷さ...
やはり、日本のホテルの方がホスピタリティはいいね。
しかも値段聞いてびっくり!パンツとかTシャツとか12枚くらいで68ドル!
結局、あと1時間で出来るよ、と言われ。
ぜったい今からやってるなと思いながら、1時間半待って丁寧に包装された箱入りの俺のパンツが届く。
その包装の時間無駄じゃね...

結局2時間遅れで13時にホテル出発。

その後、朝飯も昼飯も食べてないので、ハーレーダビットソンカフェでメシ。
店内はハードロックカフェ風で、何台ものハーレーが吊るされてグルグル回ってる。
巨大なアボガドバーガーを食べる。けっこう美味い!

腹も満たされ、あらためて出発。
515号に入り、93号を南下すると激しいアップダウンの道となり、広大な荒野の谷が続く。
まるで想像するグランドキャニオンのような風景。(グランドキャニオン行ったことないので)
カーブが続き、しかも風がかなり強いのバイクが流されるので、ゆっくり80から90km/hで進む。

谷が終わると、再び荒野になり、延々と続く。
途中から93号と40号が合流して東へ。ここも延々と荒野。
アメリカの道は基本的に、ほぼ正確に東西か南北にまっすぐの道なので、分かり易いし、迷いにくい。

そして、三つ目の州アリゾナ州ウイリアズに20時到着。
(後で気づいたのだが、ラスベガスからアリゾナに入った時点で時差が1時間あった。
アメリカはデカいので、本土は4つの時間に分かれている。ハワイ・アラスカを入れると
6つ。本土は西から東に、太平洋時間、山岳部時間、中部時間、東部時間だ。
この時は太平洋時間から山岳部時間になっていて、20時だと思ってたけど、21時だった。)
ウイリアムズの街は、古きよきアメリカの町といった趣で、ルート66の街といったところ。
ツーリングのバイカーも多く、昔の西部劇に出てくる街のよう。
さらにここはグランドキャニオンへ行く人が必ず通る道なので、意外と栄えている。
ちなみにルート66(国道66号)というのは1985年に廃線となり現存していない。
現在は、旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観街道に指定されている。

街で一番古いと言われているクルーズカフェに。
外装は、ウッディ―でテラス席もありなかなかしゃれている。内装はハードロックカフェ風。リブステーキとハンバーガーと地ビールを飲んだ。
ルート66関係のおみやげ物屋さんがたくさんあって、2,3軒見て回った。
さぁ、明日はグランドキャニオンだ!

See you!!

8/13(火)ラスベガス→ウイリアムズ 336.2km(総走行距離1062.2km/6,000km)

↑ガソリンスタンドはすべてセルフなので、キャッシュの場合、
10ドル分を5番で入れるときは、店に入り「10 on 5」という。

↑日本から持っていった装備。
ジェット型のメット、赤いのがバッグ、メッシュの上着、手袋2種(革製・メッシュ)
サングラス2種(茶、透明)、ゴーグル、PC、スマホ、ズボン2本、Tシャツ4枚
下着類、ステッカー、航空券のバウチャー、免許証、国際免許証、パスポート

↑ラスベガスのハーレーダビッドソンカフェ。外装も内装もド派手!
中にはTシャツなどハーレーグッズも売っている。

↑旧国道66号線(Historic Route 66)の標識
この道路沿いはアメリカでも有名。ここをツーリングするバイカーも多い。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アメリカ大陸横断3日目 ベガスへ

2013年8月12日(月) @ラスベガス
サンチョサンタフェ~ラスベガスへ移動

ランチョでは、モーガンランクラブ&リゾートというゴルフリゾートに泊まった。
ベガスのホテル予約を一日遅らせてゴルフをしようと調整したが調整つかずで、結局ベガスへ。

この日は初の500キロ走行なので、気合を入れて望んだ。
ホームセンターに行き、ガソリン用のポリタンクを購入。
1ガロンタンク2つと、2ガロンタンク1つ。
ガソリンスタンドがない砂漠で燃料切れになったときの非常用だ。
なにしろ、レンタルしたハーレーは、XL883 SPORTSTERというタイプでタンクが12.5リットルしかない。
航続距離にするとたったの150キロ程度。
これでは、スクーターで日本列島を縦断するようなものだ。
*1ガロン=3.785リットル

↑予備のガソリンタンク

ランチョは30度くらいで湿度も少なく過ごしやすい。
緑もあったが、15号を北上していくうちに徐々に砂漠になり、緑がまったくない風景になり、気温も40度くらいに上がってきた。
しかし、ジャンパーは敢えて着て運転した。
熱風があたるので、むしろ風が入らないようにしっかり着たほうが暑くないのだ。

↑ずーっとこんな道

モハベ砂漠などの砂漠をいくつも通り過ぎ、辺りが暗くなり、夜になってしまった。
すると、闇夜の前方にギラギラ光る街が見えてきた。

↑ベラージオの有名な噴水

初めてのラスベガスは想像していたとおりのど派手な街で、ギャンブルとエンターテイメントが満載の街だった。
532km走り切り、夜21時すぎに2番目の州ネバダ州ラスベガスのベラージオ(ホテル)に到着。
知り合いが働いている日本風居酒屋に行き、ビールと焼酎とべガス風にアレンジされた日本食たらふく食べて、ホテルに戻りルーレットとスロットマシーンをすこしやった。
ちょっぴり勝ったので浮かれて近くのバーで飲んでたら朝4時半になってしまったので、シャワーも浴びずにごろりと寝てしまった。

See you!!

8/12(月)ランチョサンタフェ→ラスベガス 532.8km(総走行距離726km/6,000km)

↑バカでかいタコス!何人前だ!

↑西海岸でのバーガーIN-N-OUT。
ハンバーガーの中で一番美味いからロスでは毎回買ってる。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アメリカ大陸横断2日目 南へ

2013年8月11日(日) @ランチョサンタフェ
ビバリーヒルズ~サンチョサンタフェへ移動

昨日の疲れで遅めの10時に起き、昨夜運転中に落下したアイフォンを修理に出そうとホテル向かいのビバリーセンターのアップルストアに行ったが、開店は11時だからと黒人のおねーさんにあっさり追いかえされた。

↑LAのホテルソフィテル前で。

↑スポーツワンバイクにしちゃいました。もちろん、剥がせるステッカーです。

時間も無いので、しかたなく10時半出発。ハリウッドへ。
LAは30度くらいでかなり暑い。
ハリウッドは歩道に星型の埋め込まれたプレートがあり、映画人やミュージシャンの名前が書いてある。中華料理屋の前に、ハリウッド俳優やミュージシャンの手形・足型・サインが床に埋め込まれている。特にマイケルジャクソンは人気があって、みんな撮っていた。自分は、ウイル・スミスとジョージ・クルーニーと一緒にパチリ。

ハリウッドを出て、5号線を南下。ランチョサンタフェへ。LAはかなり暑かったが、サンディエゴ手前の海沿いまで来るとかなり寒く、バイク走行は凍えそうだった。
くらっち友人のゆうこさん宅にお邪魔して、美味いお酒とBBQをご馳走になった。庭の目の前がゴルフ場という豪勢なおうちである。チノフォームという有機野菜を作っている農場のオレンジを使ったスプモーニが酸味は効いてて抜群に美味かった。
スタンフォード卒で40年以上アメリカに住むご主人のスーさんに、大陸横断なんて危ないからやめなさいといわれて、そらそーだな。と改めて思った。

酔いをさましてから、ホテルに移動。このホテルはゴルフコースとスパがあるリゾートホテルだった。ちょっと古いけど料金が安くてモーテルといった感じのホテル。
残念ながらゴルフはできなかったけど。

See you!!

8/11(日)ビバリーヒルズ→ランチョサンタフェ193.6km(総走行距離249.4km/6,000km)

モーガン ラン クラブ & リゾート – ゴルフ アンド スパ リゾート

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

バイクでアメリカ横断に挑戦!

2013年8月10日(土) @ロサンゼルス
アメリカ横断の旅スタート!

おはよーございます!
今ロサンゼルスは8/11朝7時!
今夏バイクでアメリカ横断するために、相棒のクラッチとLAに昨夜着きました。

おっと、まずはこのブログの説明を簡単にしますね。このブログはスポーツマネジメント会社スポーツワン代表の私武田がスポーツをはじめいろいろな事に挑戦したり、スポーツビジネスのことを書いたりする日記です。

さて、時間を昨日に戻します。朝9時に成田エクスプレスに乗り、成田空港からインチョンに飛び(超繁忙期で直行便が取れませんでした)、乗り継ぎなのでラウンジでまったりしてたら、「ミスターヒロマサ」となにやら言う女性が。「ロサンゼルス行きはもう出ますよ!」とのこと!(注)ヒロマサは相棒の名前。ソウルは時差あるものと勝手におもってゆっくりしてたら、あと5分で出発ですと航空会社のグランドホステスさんが探しにきてくれてたのです。あやうく韓国横断になるところでした(汗)

やっとLA行きの飛行機に間に合って離陸したら、まさかの飛行機トラブルで成田に着陸。振り出しにもどって、90分後に再び離陸。全工程23時間でやっとLA到着したわけです。しかしバイクレンタル店が閉店時間18時なのに、17時半に到着。ぎりぎり店に到着!

↑バイクレンタル屋さんを調べてもらってる

↑ハーレーゲット

ほっとしたのもつかの間、ビバリーヒルズのホテルに向かう途中iPhoneが運転中に落下、10マイルもどって奇跡の発見後21時すぎホテル到着(泣)

↑落下して割れたiPhone

猛烈な空腹感を感じ、向かいのアメリカ料理レストラン「キャピタルグリル」へ。そういや朝飯を機内食で食べただけでした。そりゃ腹減るよね。で、ロブスターとテンダーロインを食し(なかなか美味い!一人90ドルくらい)、ホテルのバーで飲んで、泥のように寝ました。ほんと、いろいろあって疲れた...

↑ホテル近くのレストランで食事
アメリカ料理「キャピタルグリル」
バカでかいステーキ

そんで早朝から目が覚めて日記執筆ちゅうです。今日はLA観光後、サンディエゴに移動予定です。今日からは落ち着いて楽しみたいなぁ。

See you!!

8/10(土) LA空港(EagleRider)→ビバリーヒルズ(ホテル)55.8km

バイクレンタル「イーグルライダー」
ハーレーダビッドソン スポーツスター883(カーナビ・保険つき)を2週間かりて30万くらい。

LAのホテル Sofitel Los Angeles at Beverly Hills
ビバリーヒルズのメイシーズの向かいのしゃれおつなホテル。一泊二人で300ドルくらい。ベッドがふかふかで良く眠れる。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント