スポーツワンはイベント掲載数No.1
facebook
twitter
新卒採用
  1. TOP>
  2. バスケットボール大会>
  3. ルール
バスケットボールのルール

競技場と用具

コートについて▽

@障害物のない長方形の平面で、縦28m、横15m。天井の高さは7m以上。コートは、2本のサイドラインの中点を結ぶセンターラインで半分に分けられる。センターラインの中央には半径1.8mのセンターサークルがあり、フリースローラインは、エンドライン内側からフリースローラインの遠い方の縁まで5.8m、長さは4.9mです。エンドライン中央から左右に2.45mの点とフリースローラインの両端を結んだ長方形のエリアが制限区域と呼ばれ、スリーポイントラインは、サイドラインに向かって6.6m、センターラインに向かって6.75mの位置におおよそ半円で描かれます。
Aコートの大きさはラインの内側で測る。ラインはコートに含まれないので、サッカー、フットサル、テニスなどとは違い、オンラインはアウトになります。
Bラインの幅は全て5cm。全て同じ色(できるだけ白色)を用いる。
△閉じる

バスケットとバックボードについて▽

@バスケットはリングとネットから構成されています。
Aリングの内径は45〜45.9cm。ボールの直径は7号サイズで約24cmなので2個分よりは約3cm狭いサイズになります。
Bリングの高さは床から上縁まで3.05m
Cリングの内側からバックボードの表面までは14.9〜15.3cm
Dバックボードは縦1.05mx横1.8 mのサイズで、ボードの表面がエンドライン内側から1.2mの位置に設置されます。
△閉じる

ボールについて▽

@ボールは球形で皮革、合成皮革又はゴムとする。表面はオレンジ色のパネルを8本の黒いシーム(つなぎ目)で覆ったもの、あるいは オレンジ色と薄茶色(ライトブラウン)のパネルを12本の黒いシームで覆ったものとする。
Aボールには、床からボールの最下点までがおよそ1.8mの高さからコートに落下させたとき、ボールの最高点が 1.2m〜1.4mの高さまではずむように空気を入れる。
B皮革の貼り合わせの目の幅は0.635cm以下。
C中学生以上の男子のゲームでは7号サイズを使用する。7号サイズは直径24cm、周囲74.9〜78cm、重さ567〜650g。
D中学生以上の女子のゲームでは6号サイズを使用する。6号サイズは直径約23cm、周囲72.4〜73.7cm、重さ510〜567g。
△閉じる

プレイヤーとユニフォーム

競技人数について▽

@ゲームは1チーム5人で行う。ゲームは各5人の選手から構成される2チームで行われる。負傷や退場などにより人数が減った場合でも片方のチームが1人になるまでは続行される。
Aゲームに出場できるチーム・メンバーは12人以内。国内の大会に限り、主催者側が許可している場合には12人以上となることもある。
Bコーチを1人おき、必要であればアシスタントコーチを1人おくことができる。コーチだけが試合中に立ち続けてコート内の選手に指示を与えることができる。
C5回のファウルでその試合に限り、出場できなくなる。
△閉じる

ユニフォームについて▽

@シャツとパンツ着用。濃色と淡色の2種類以上のシャツを用意する。(淡色は白が望ましい)
Aプレイヤーは背中に高さ20cm以上、胸に高さ10cm以上のナンバーをつける。番号は,「0」,「00」,「1」,「2」,…,「99」までが現行の競技規則で認められている.
Bシャツの裾はパンツの中に入れる。
△閉じる

競技の進行

競技時間について▽

@10分のピリオドを4回行う。(中学生は8分)
A第1ピリオドと第2ピリオド、第3ピリオドと第4ピリオドの間及び各延長時限の前に2分のインターバルを置く。
B第1ピリオドと第2ピリオドを前半、第3ピリオドと第4ピリオドを後半とし、前半と後半の間に10分間のハーフタイムを設ける。
C延長時間は1回5分。
△閉じる

ゲームの開始・終了について▽

@ゲームは両チームとも5人のプレイヤーが揃わないと始められない。
Aセンター・サークルでのジャンプボールで第1ピリオドを開始する。
B前半・後半で攻撃するバスケットを交換する
△閉じる

ジャンプ・ボールについて▽

@2人のジャンパーはそれぞれ自チームのバスケット側の半円の中に立ち、片方の足はサークル中央のライン付近に置く。
A審判は、両ジャンパーが跳んでも届かない高さに、しかもサークルの中央に落ちてくるようにボールをトス・アップする。
Bジャンパーは、ボールが最高点に達してからボールをタップ(軽くたたく)する。
Cジャンパーは、ボールがタップされる前にジャンプボールの定位置を離れてはならない。
Dボールがどちらのジャンパーにもタップされずに床に触れた時、トスが曲がったり低すぎたりしたときは、審判はジャンプ・ボールのやり直しをする。
Eタップは2回までできる。2回目のタップをしたあとは、ボールが他の8人のプレイヤーか、床のいずれかに触れるまではボールに触れてはいけない。
Fジャンパー以外のプレイヤーはボールがタップされるまで、サークルの外にいなければならない。
G同じチームのプレイヤー2人がサークルのまわりに隣りあって位置したとき、相手チームの要望があれば、一方の位置は譲らなければならない。
△閉じる

オルタネイティング・ポゼション・ルールについて▽

第1ピリオドと第3ピリオド及び各延長時限を始める時以外に、ヘルドボールなど従来のジャンプボールのシチュエーションになった場合には、「オルタネイティング・ポゼション・ルール」が適用され、スローインによりゲームを再開する。両チームが交互にスローインすることで試合を再開する。スローインをする場所はそのシチュエーションになった場所から一番近いサイドラインまたはエンドラインの外側からになります。
△閉じる

チャージド・タイム・アウトについて▽

@前半は、第1ピリオドと第2ピリオドを通じて各チーム合計2回ずつのチャージド・タイム・アウトが認められる。
A後半は、第3ピリオドと第4ピリオドを通じて各チーム合計3回ずつのチャージド・タイム・アウトが認められる。
△閉じる

24秒ルールについて▽

自チームのプレイヤーがコート内でライブのボールをコントロールしたチームは、24秒以内にショットしなければならない。24秒の終わり近くにショットがなされ、そのボールが空中にある場合に24秒の合図が鳴らされた場合は、次のように処置する。
@ボールがバスケットに入った場合…得点が認められ、通常のフィールド・ゴール時と同様の方法で再開される。
Aボールがリングに触れた場合…ボールがバスケットに入らなくてもプレイはそのまま続けられる(24秒のヴァイオレイションにならない)。
Bボールがリングに触れなかった場合…24秒のヴァイオレイションになる。
Cフロントコートでスローインのボールが与えられるときに24秒計がリセットされるケースが、あらたに「リセットされずに継続してはかるケース」「14秒にリセットされるケース」に分類される。
△閉じる

8秒ルールについて▽

自チームのプレイヤーがバックコート内でライブのボールをコントロールしたチームは、8秒以内にボールをフロントコートに進めなければならない。
△閉じる

ファウルについて▽

@プレイヤーは、5回ファウルを宣せられた場合、退場となる。
A各ピリオドでは、5回目のチーム・ファールにより、罰則が適用される。延長時限に起こったチーム・ファール第4ピリオドに起こったものとされる。
△閉じる

ゴールと点数について▽

@フリースローによるゴールは1回1得点
Aツーポイントエリアからシュートが放たれゴールした場合は2得点
Bスリーポイントエリアからシュートが放たれゴールした場合は3得点
△閉じる

ゲームの勝敗について▽

@ゲーム:各チームの目的は相手チームのバスケットに得点することと、相手チームにボールを持たせたり得点させたりしないようにすることである。
A得点:スリー・ポイント・ラインの内側からのショットによるゴールは2点、スリー・ポイント・エリアからのショットによるゴールは3点、フリースローによるゴールは1点の得点となる。
B勝敗:競技時間内に多く得点したチームが勝者となる。
C同点と延長:第4ピリオドを終了して両チーム同点のときは、1回5分(中学校では3分)の延長時限を、勝者が決まるまで行う。
△閉じる


株式会社スポーツワン